映画”Minamata”

 

今年のカンヌ・フェスティバルにて自身が参加しました映画Minamataが大きく公表されました!

1970年代。世界的に有名なフォトジャーナリスト、ユージン・スミス氏が水俣市へ来日し、取材を通し人々と交流を深めました。
彼は戦争で負った傷の後遺症に耐えながらも、目の前で起きている公害問題、ジャーナリズムへの問いに葛藤し続け、その存在意義を世界へ伝えたお話です。恋愛も少しあります。
監督:アンドリュー・レヴィタス 主演:ジョニー・デップ
私はユージン・スミスの後の妻、ヒロインでもあるアイリーン・スミスを演じました。
約2ヶ月の撮影、準備を入れると3ヶ月、初めてのアメリカ映画、英語での撮影は役者人生、いや、自分の人生を大きく変えた時間でした。

本当、生きていると思いもよらないことが起きるのですね。
いい事も悪い事も沢山あり、どの出来事もいずれ人生の線上に繋がっていく大事な要素だと思ってます。
何も見えない先を半分は願望高く、半分は無計画に生きてきました。
だけどまさかフランス語訛りの自分がアイリーン役のオーディションに受かると思っていませんでした。
結果を聞いた時は正直、大変なものに受かっちゃったな〜って思いました。
今までを振り返ってもどの点と点がこの映画に繋がったのか見当もつかないけれど、とにかく役を演じられる興奮、先がもっと見えなくなる人生の面白さを感じました。

あの3ヶ月はひたすら、毎日毎日負けないように戻れない道をただただ進んでいったような時間でした。
監督は粘り強く、ずっと私のことを信じてくれました。
ジョニーは役者としてのピュアさと洞察力、表現力が素晴らしく、
不思議と化学反応もあい、どんな表現でも受け止めてくれる包容力に沢山助けてもらいました。
まるでジャズのセッションをしているように自由でいれて、幸せでした。
そしてフランス人の名カメラマン、ブノワ・デロム氏が手がけた映像はなによりも綺麗です。
公開は少し先ですが、皆さんどうぞ楽しみになさっていてください。

いくつか記事を掲載します:

https://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-first-look-johnny-depp-as-w-eugene-smith-1209986

https://movieweb.com/minamata-johnny-depp-w-eugene-smith-photo/