9 octobre

img_4051 こんにちは。
ご無沙汰しております。
最後のお便りから早いものでもう10月なのですね!
季節の変わり目、健やかにお元気に過ごしていることかとおもいます。

この夏、2ヶ月の日本滞在は大変充実しておりました。
最初の1週間ほど、西日本を周遊し、母と出雲大社、そこから琵琶湖ー京都ー岡山へお世話になった人を訪ねていきました。
その後舞台に立たせていただき、久しぶりの高揚感でした。
こうして年に1、2度日本へ行きお芝居ができる事は大きな財産です。
フランスへ発つとき、日本をどこか切り離したい気持ちがありました。
それほどの勢いが必要な決断でした。
今では日本で過ごす時間は貴重で、尊さが心に沁みます。

フランスに来てもう2年が経ちました。
どんなに言葉が分かっても、一から国を変え生きることは大変なことです。
でも日々思うことですが、この選択をして本当に良かったと、試練を幸せに感じます。
先日、自身の30歳の誕生会をパリで行い、気づかぬ間に友達が大勢できた事が嬉しかったです。
自身の前進を応援してくれる友人や家族、また日本から応援してくださる方々に改めてお礼が言いたいです。
そして2年前の自身を振り返っても、驚くほどの変化を実感します。
新な場所に来るというのは人を変えさせるパワーがあるのですね。

フランスに住んで気がつく事は多々あります。
日本とは違う独特なコミュニティーの輪があり、映画界や舞台もその輪は歴史長く連なっています。
その中に入る事は、外から来た私にとって大変難しいです。
ただここは運の国でもあります。偶
然の出会いで広がる事が多々あります。
様々な方々とお話しする度に、その人の背景に過去や生き方が色づき、私を全く新しい世界へと誘ってくれます。
そして自身も真新しい空間(ページ)に物語を綴りたいという気持ちでいっぱいになります。
ただ、未だに過去の経験や自分で形成しているしがらみに囚われ、
飛び込めない時があります。
人はいつでも再生できる人生を送っていると思っています。
なので何度でも生まれたてのスタートが可能です。
真っ新に立ち向かう勇気をもう少し欲しいと時々思います。

今回もなんだか話がまとまらないお便りになってしまいましたが、
またこうして自身の変化を書いていきたいと思います!

それでは、素敵な紅葉の季節をどうぞお過ごしください。

美波